オンライン授業を早めに作成する方法

English version of this post here

日本は(やっと)緊急事態宣言を出して、臨時休暇などに入っている学校は少なくないため、多くの先生は(超)急いでオンラインの授業の仕組みを考え出している。早めに対応が出来るように、この方法を最初の一歩として使ってみれば?

便利ですから、授業のLINEグループを作ったことがある講師は結構いると思います。基本として、LINEの代わりにグーグルクラスルームを第一のコミュニティツールとして使って、そちから生徒たちにはビデオチャットの授業、課題などのお知らせをする。

(ビデオチャットといえば、Zoomは代表的で便利ですが、様々なセキュリティやプライバシーの問題が明らかになってきて、下にこの問題について少し話します)

追加2020-04-10:
最低限に簡単化出来ることを気がついた:
必要なのは:
1.皆学生が入っている、簡単にメッセージやリンクを投稿出来るアプリのクラスグループ。グーグルクラスルームは適切(特に、課題とかシェアが出来る機能充実)ですが、本当は何でもいいです:LINEグループでも十分。
2.グループで話せるアプリ。先生によって、ビデオなくてもいいなら声だけでもいいかもしれない、そうであれば更に選択の幅は広がる。

セットアップのやり方

1. 個人のグーグルアカウントからグーグルクラスルームを開く:
https://classroom.google.com/

2. 右上の “+” > クラスを作成

“オンライン授業を早めに作成する方法” の続きを読む