気候危機を画像6枚で説明する

南極の氷の記録を見れば地球の平均温度は二酸化炭素の濃度によって変わる:二酸化炭素(CO2、青い線)が上がると、温度(temperature、水色の線)も上がる:

https://www.ajne.org/article/climate-science-and-litigation

私達の社会は多くの二酸化炭素を排出している。近年(表の右側)を見ると、排気量はますます増えているのがわかる:

https://www.theguardian.com/environment/2018/dec/05/brutal-news-global-carbon-emissions-jump-to-all-time-high-in-2018

その排出に比例して地球の平均温度が上がってきています。このアニメーションは140年前の記録からの異常気象データーによって作られている:

1880年は青色なのに2018年は赤くなっているのは、地球温暖化現象です。原因は二酸化炭素排出。

二酸化炭素の濃度が上がり気温も上がっている。現在の二酸化炭素濃度は300万年前のレベルにまで上がっています:

https://www.nature.com/articles/ncomms14845/figures/4

気温も二酸化炭素濃度のように高くなります:

https://www.jccca.org/chart/chart02_02.html

産業革命前に比べて現在は1.1度だけ上がっているが、こんなに異常気象が発生している(これは今週の天気ニュースで毎週記録が更新されている):

https://tenki.jp/forecaster/okamoto/2019/05/26/4741.html

このまま化石燃料を燃やし続ければ、2100年までには気温が+4〜6度上がる見込み。

前例のない異常気象が起きます。

地球温暖化は非常事態です。

すぐ対策して二酸化炭素の排気を減らせなければ、私達の社会は耐えられない規模の異常気象が発生します。

ですから、止めないといけいないです。

力合わせて行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です