潮見表をグーグルカレンダーにインポートする方法

Read this post in English.

予定を入れる時に満潮の時間に合わせたい!ワザワザ潮見表を確認するのは面倒(^^;)そこで潮情報をグーグルカレンダーにインポートすれば他の予定を確認すると同時に満潮の時間が確認できちゃいます!

1) スマホでは操作出来ないのでパソコンでの操作説明。 http://tides.mobilegeographics.com/ を開いて .icsファイルをダウンロードします。

これは那覇のURL: http://tides.mobilegeographics.com/locations/4013.html

naha tides download screenshot.png

2) 保存した4013.icsファイルをグーグルカレンダーにインポート

calendar settings screenshot

calendar import and export

calendar import

注意:新しいカレンダー(”tides” = 潮)にインポートすれば潮情報を非表示にできます。メインのカレンダーにインポートすると一年間ずっと表示されます

3) そうすると満潮だけではなく干潮、日の出、日の入りの情報がたくさん表示される。その表示を減らす方法が英語での説明になりますがこのページにあります:http://www.gcaltoolkit.com/online-guide。少し操作が複雑なので潮カレンダーを薄い色に設定する見やすいです。

android calendar screenshot

これで満潮に合わせて予定を入れる事ができる!

※例えばカレンダーは7時17分〜8時17分と一時間表示されますが、最初の時間(7時17分)が潮の時間で二番目の時間(8時17分)は無視してもいいです。

“潮見表をグーグルカレンダーにインポートする方法” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です